赤ちゃんの目の充血カテゴリの記事一覧

赤ちゃんの目の充血

赤ちゃんの目の充血


赤ちゃんの目の充血で一番多い病気は「結膜炎」です。


結膜(白目とまぶたの裏側を覆っている部分)が炎症を起こす病気です。


原因として、ウイルスによるもの、アレルギーによるもの、目をこするなどの刺激によるものなどが挙げられます。


目が充血したり黄色い目やにが出て、これが悪化すると、目やにがこびりついて目が開けられなります。


代表的なものとして、ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎があります。


■ウイルス性結膜炎


ウイルスが感染して起こる結膜炎で、夏風邪と併発することもあります。

人に非常に移りやすい結膜炎です。

ウイルス性結膜炎は、ほかの病気と一緒になることもあり、プール熱(のどの炎症を伴い、熱も出る。)、急性出血性結膜炎(白めに結膜下出血が起こる)、流行性角結膜炎(のどの痛みや、発熱を伴う)などあります。


■細菌性結膜炎

多くが汚れた手で目をこすることで起きる結膜炎。特徴として、黄色っぽい目やにがたくさんでるのが挙げられます。

細菌の種類により、症状の重さも異なります。


ウイルス性結膜炎の治療には、抗菌薬の点眼薬や軟膏のほか、症状により、弱いステロイド薬入りの点眼薬を使います。


プール熱と併発した場合は、別途、解熱薬を併用します。


ウイルス性結膜炎は、細菌性結膜炎と異なり、完治までに2〜3週間はかかります。


細菌性結膜炎は抗菌薬の点眼薬を使うと1週間で治ります。


ウイルス性結膜炎は、感染力が非常に強いので、家族にうつさないようタオルやバスタオル等、別なものを用意するのが良いといえます。




Copyright (c) 目の充血. All rights reserved.


目の充血のサイトTOPへ
[PR]簡単ダイエットで理想の体型を!簡単ダイエット方法|片思い|片思いを両思いに|片思い告白|恋愛片思い||神戸市中央区キャッシング|ちわわ大好き♪ちわわ生活|メタボ予防対策|即日融資キャッシング|パニック障害闘病記/あなたも一緒に克服しましょう!|パニック障害を克服しよう!パニック障害お助けHP|片思い成就!片思いを両思いに|ハゲ予防!若ハゲ予防対策|がん治療方法.jp|掛け捨て保険.jp|還暦お祝い|チワワのすべて♪ちわわ大百科|強度近視も視力回復!強度近視解消|英語勉強法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。