目の充血による病気カテゴリの記事一覧

目の充血による病気

目の充血による病気


目が赤くなるのは最もよくみられる目の充血による症状のひとつです。


「目が赤いから結膜炎だ」と考えられがちですが、それだけで決めつけるのは危険です。


もちろん結膜炎の場合が最も多いわけですが、目の奥の失明につながるような重篤な病気の場合もあるからです。


また結膜炎といっても,伝染性のものかそうでないのかが非常に重要なことです。


そこで「目が赤い」という症状をもう少しくわしく分けてみましょう。


まず最初に出血と充血を区別してください。


出血は球結膜(しろ目)の下の血管が破れ出血したもので、部分的にすき間なく赤くなります。


これは球結膜下出血と言われ、見た目ほど驚くような病気ではありません。


充血は球結膜の血管を流れる血液の量が多くなるため血管が太くなっている状態です。


充血の状態もよく見ると、球結膜全体に充血が広がり、充血の程度が角膜より離れるほどひどいもの(結膜性充血)、球結膜のある部分だけが充血しているもの、角膜のまわりはど充血がひどく角膜から離れるほど弱くなるもの(毛様充血)があります。





Copyright (c) 目の充血. All rights reserved.


目の充血のサイトTOPへ
タグ:目の充血
[PR]簡単ダイエットで理想の体型を!簡単ダイエット方法|片思い|片思いを両思いに|片思い告白|恋愛片思い||神戸市中央区キャッシング|ちわわ大好き♪ちわわ生活|メタボ予防対策|即日融資キャッシング|パニック障害闘病記/あなたも一緒に克服しましょう!|パニック障害を克服しよう!パニック障害お助けHP|片思い成就!片思いを両思いに|ハゲ予防!若ハゲ予防対策|がん治療方法.jp|掛け捨て保険.jp|還暦お祝い|チワワのすべて♪ちわわ大百科|強度近視も視力回復!強度近視解消|英語勉強法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。