子供の目の充血から病気を判断

子供の目の充血から病気を判断



■急な発熱(38〜40℃)とともに、目の充血、涙、目やにがでる。
■のどのはれや痛み、リンパ節のはれもみられる。
■関節の痛み、腹痛、下痢がみられることもある。


⇒プール熱(咽頭結膜熱)かもしれません。

咽頭結膜熱の事をいいます。 かかっている人のくしゃみ・咳、タオルの共用などでもうつります。 38〜39℃の熱・のどの痛み・結膜炎など。

7月〜8月をピークに流行ります。予防するには? 流水による手洗いうがい。 かかっている人との密接な接触をさける プールに入ったら目の洗浄・手洗い・うがいを!



■片方の目が、対象物を見ているのに、もう一方の目が他のところを見ている。


⇒斜視かもしれません。

斜視(しゃし)とは、片方の目は視線が正しく目標とする方向に向いているが、もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いている状態のことを言います。

俗に眇(すがめ)、ひんがら目(ひんがらめ)、藪睨み(やぶにらみ)、ロンパリとも言います。

眇は、片目が細い、あるいは潰れているさまを表すこともあります。

ひんがら目は「僻目(ひがらめ。僻眼とも)」が転訛した語。

またロンパリは、一方の目でロンドンを見つつ、もう一方の目でパリを見ているさまに
喩えた語である、とされていますが、ロンドンとパリくらい離れている、が原意です。

これらの語は、差別語とされる傾向があるので注意が必要です。



■目の痛み、異物感、かゆみ、充血、まぶたのはれ、目やに。


⇒ものもらい(麦粒腫)かもしれません。

ものもらい・麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは、まぶたにあるマイボーム腺やまつ毛の根もとの脂腺の急性化膿性炎症。

主に黄色ブドウ球菌の感染を原因とし、まぶたの裏側などが腫れて痛む病気。

一般的には、ものもらいなどと呼ばれる。地方によりめばちこ(主に関西地方)めぼ、めいぼ、めこじき、めんぼう等など、多様な呼び方が存在する




Copyright (c) 目の充血. All rights reserved.


目の充血のサイトTOPへ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48720353

この記事へのトラックバック

童貞卒業します!
Excerpt: 今夜、年上のお姉さんに初体験を41マモナ購入してもらいます。ここを教えてくれた人ありがとーーー!!
Weblog: ヤマダ
Tracked: 2007-07-21 19:44
[PR]簡単ダイエットで理想の体型を!簡単ダイエット方法|片思い|片思いを両思いに|片思い告白|恋愛片思い||神戸市中央区キャッシング|ちわわ大好き♪ちわわ生活|メタボ予防対策|即日融資キャッシング|パニック障害闘病記/あなたも一緒に克服しましょう!|パニック障害を克服しよう!パニック障害お助けHP|片思い成就!片思いを両思いに|ハゲ予防!若ハゲ予防対策|がん治療方法.jp|掛け捨て保険.jp|還暦お祝い|チワワのすべて♪ちわわ大百科|強度近視も視力回復!強度近視解消|英語勉強法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。