赤ちゃんの目の充血

赤ちゃんの目の充血


赤ちゃんの目の充血で一番多い病気は「結膜炎」です。


結膜(白目とまぶたの裏側を覆っている部分)が炎症を起こす病気です。


原因として、ウイルスによるもの、アレルギーによるもの、目をこするなどの刺激によるものなどが挙げられます。


目が充血したり黄色い目やにが出て、これが悪化すると、目やにがこびりついて目が開けられなります。


代表的なものとして、ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎があります。


■ウイルス性結膜炎


ウイルスが感染して起こる結膜炎で、夏風邪と併発することもあります。

人に非常に移りやすい結膜炎です。

ウイルス性結膜炎は、ほかの病気と一緒になることもあり、プール熱(のどの炎症を伴い、熱も出る。)、急性出血性結膜炎(白めに結膜下出血が起こる)、流行性角結膜炎(のどの痛みや、発熱を伴う)などあります。


■細菌性結膜炎

多くが汚れた手で目をこすることで起きる結膜炎。特徴として、黄色っぽい目やにがたくさんでるのが挙げられます。

細菌の種類により、症状の重さも異なります。


ウイルス性結膜炎の治療には、抗菌薬の点眼薬や軟膏のほか、症状により、弱いステロイド薬入りの点眼薬を使います。


プール熱と併発した場合は、別途、解熱薬を併用します。


ウイルス性結膜炎は、細菌性結膜炎と異なり、完治までに2〜3週間はかかります。


細菌性結膜炎は抗菌薬の点眼薬を使うと1週間で治ります。


ウイルス性結膜炎は、感染力が非常に強いので、家族にうつさないようタオルやバスタオル等、別なものを用意するのが良いといえます。




Copyright (c) 目の充血. All rights reserved.


目の充血のサイトTOPへ

子供の目の充血から病気を判断

子供の目の充血から病気を判断



■急な発熱(38〜40℃)とともに、目の充血、涙、目やにがでる。
■のどのはれや痛み、リンパ節のはれもみられる。
■関節の痛み、腹痛、下痢がみられることもある。


⇒プール熱(咽頭結膜熱)かもしれません。

咽頭結膜熱の事をいいます。 かかっている人のくしゃみ・咳、タオルの共用などでもうつります。 38〜39℃の熱・のどの痛み・結膜炎など。

7月〜8月をピークに流行ります。予防するには? 流水による手洗いうがい。 かかっている人との密接な接触をさける プールに入ったら目の洗浄・手洗い・うがいを!



■片方の目が、対象物を見ているのに、もう一方の目が他のところを見ている。


⇒斜視かもしれません。

斜視(しゃし)とは、片方の目は視線が正しく目標とする方向に向いているが、もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いている状態のことを言います。

俗に眇(すがめ)、ひんがら目(ひんがらめ)、藪睨み(やぶにらみ)、ロンパリとも言います。

眇は、片目が細い、あるいは潰れているさまを表すこともあります。

ひんがら目は「僻目(ひがらめ。僻眼とも)」が転訛した語。

またロンパリは、一方の目でロンドンを見つつ、もう一方の目でパリを見ているさまに
喩えた語である、とされていますが、ロンドンとパリくらい離れている、が原意です。

これらの語は、差別語とされる傾向があるので注意が必要です。



■目の痛み、異物感、かゆみ、充血、まぶたのはれ、目やに。


⇒ものもらい(麦粒腫)かもしれません。

ものもらい・麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは、まぶたにあるマイボーム腺やまつ毛の根もとの脂腺の急性化膿性炎症。

主に黄色ブドウ球菌の感染を原因とし、まぶたの裏側などが腫れて痛む病気。

一般的には、ものもらいなどと呼ばれる。地方によりめばちこ(主に関西地方)めぼ、めいぼ、めこじき、めんぼう等など、多様な呼び方が存在する




Copyright (c) 目の充血. All rights reserved.


目の充血のサイトTOPへ

目の充血による病気

目の充血による病気


目が赤くなるのは最もよくみられる目の充血による症状のひとつです。


「目が赤いから結膜炎だ」と考えられがちですが、それだけで決めつけるのは危険です。


もちろん結膜炎の場合が最も多いわけですが、目の奥の失明につながるような重篤な病気の場合もあるからです。


また結膜炎といっても,伝染性のものかそうでないのかが非常に重要なことです。


そこで「目が赤い」という症状をもう少しくわしく分けてみましょう。


まず最初に出血と充血を区別してください。


出血は球結膜(しろ目)の下の血管が破れ出血したもので、部分的にすき間なく赤くなります。


これは球結膜下出血と言われ、見た目ほど驚くような病気ではありません。


充血は球結膜の血管を流れる血液の量が多くなるため血管が太くなっている状態です。


充血の状態もよく見ると、球結膜全体に充血が広がり、充血の程度が角膜より離れるほどひどいもの(結膜性充血)、球結膜のある部分だけが充血しているもの、角膜のまわりはど充血がひどく角膜から離れるほど弱くなるもの(毛様充血)があります。





Copyright (c) 目の充血. All rights reserved.


目の充血のサイトTOPへ
タグ:目の充血

目の充血の原因

目の充血の原因


目の充血の原因には、主に以下のようなものがあります。


ここでは、一般的なものを挙げてみます。


■眼精疲労

■疲労

■眼瞼炎

■角膜と結膜の異物

■結膜炎

■角膜の剥離

■角膜の潰瘍と感染

■虹彩炎

■眼球破裂と眼球内異物

■ブドウ膜炎


注: 目の充血の原因は上記以外にも考えられます。


上記は、考えられる原因をすべて網羅しているものではありません。


また、原因として多いものから順に並んでいるわけでもありません。


希な病気や薬剤が、この症状の原因となることもあります。


また、患者の年齢や性別、および症状の現れ方(性状、経過、悪化要因、緩和要因、随伴症状など)によっては、異なる原因が考えられることもあります。


「症状分析」機能を使って、目の充血だけが単独で起きているのか、他の病気と関連があるのか可能な説明を探してください。




Copyright (c) 目の充血. All rights reserved.


目の充血のサイトTOPへ

目の充血

目の充血とは


目の充血の別名

強膜充血; 充血した目; 結膜充血; 赤目

■定義

目の表面の、血管の拡張または一様でない赤さ。

目の充血で考慮するべきこと


目の充血は、白目の表面の血管が拡張するために赤く見えます。


目の充血原因としては、摩擦による刺激、環境要因(極度に乾燥した空気など)、強膜の日焼け、アレルギー[性]反応、感染症、などが挙げられます。


白目の、一様でない、明るい赤色の血の染みは、結膜化への少量の出血によるものです。


目の充血は、朝起きたときにふと気付くことがよくありますが、これはよく起こるものであり、異常ではありません。


朝起きたとき、目に血の染みがあっても、痛みがない場合は、心配する必要はありません。


そのままにしても数日経てば消えて行くのが普通です。


Copyright (c) 目の充血. All rights reserved.


目の充血のサイトTOPへ
タグ:目 充血
[PR]簡単ダイエットで理想の体型を!簡単ダイエット方法|片思い|片思いを両思いに|片思い告白|恋愛片思い||神戸市中央区キャッシング|ちわわ大好き♪ちわわ生活|メタボ予防対策|即日融資キャッシング|パニック障害闘病記/あなたも一緒に克服しましょう!|パニック障害を克服しよう!パニック障害お助けHP|片思い成就!片思いを両思いに|ハゲ予防!若ハゲ予防対策|がん治療方法.jp|掛け捨て保険.jp|還暦お祝い|チワワのすべて♪ちわわ大百科|強度近視も視力回復!強度近視解消|英語勉強法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。